ニュース&イベント

法科大学院 進学者が語る「今、伝えたいこと」 ~進学者へのインタビュー~

takebayashi竹林 絵梨佳さん(平成30年度より金沢大学法科大学院に進学)

  幼いころから法律家にあこがれ、高校時代に進学先を決める際にも「法を学ぶことができる」ことを最優先にしていました。 

 高岡法科大学に進学を決めたのは地元であること、そして入学時の特待生制度の認定を受けることが出来たことが大きかったですね。 

 入学後はさまざまな出会いが私をバックアップしてくれました。特に大きかったのはゼミ担当の先生との出会いでしたね。先生は法学についてだけでなく、人として私を導いてくださいました。先生の教育者・研究者 両面の背中を見つめることを出来たことが私には特別な経験であり非常に大きな財産となっています。 

 今から法科大学院での勉強漬けの毎日が待っていますが、高岡法科大学 在学時に定めた目標である「相手のことを慮り、人の役に立つことの出来る人権派弁護士」を目指し、ハードルを一つずつクリアして、法科大学院卒業後の司法試験合格を勝ち取りたいと思います。 

 最後に、高岡法科大学の在学生のみなさん。そして、高岡法科大学に進学を考えているみなさん!

 夢をつかむには準備が必要です。ただ、その準備には大きな労力が必要となり、またそれを続けるには高いモチベーションの維持が不可欠です。モチベーションの低下から脇道にそれることもあるでしょう。ただ高岡法科大学にはそんな時に支えてくれるスタッフの方々がいます。

 私も夢への階段を上り始めたばかりですが、一緒に夢へ向かって一歩ずつ歩みをすすめましょう!