ニュース&イベント
カテゴリー:

大学生活での思い出 ~長谷川 りのさんの場合~(2018年3月卒業生からのメッセージ)

 2018年3月卒業生も就職率100%を達成し、2015年3月卒業生から4年連続で就職率100%を達成している高岡法科大学。そんな本学で学び、今年3月に巣立っていった卒業生に、大学生活での思い出などを語っていただきました。

 

長谷川 りの さん(2018年4月から富山県富山市の㈱ジュープラスに勤務。)

 

 4年間、ほんとうに楽しかった! 今はその気持ちでいっぱいです。 

 特に思い出深いのは部活動とゼミ活動。

 部活動は創作部だったのですが、1年生から作品の制作に携わり、特に毎年大学祭で展示した部員全員での大掛かりな作品の制作と、それに同時並行で制作した個人展示の作品制作が印象に残っています。毎年、追い込まれつつそれをどうにか成し遂げてましたね(笑)

 あと、大学祭と言えばゼミでポスター発表と模擬店運営も行っていたので、大学祭開催前の1週間は本当にきつかった…。だけど、今思い出すと本当に良い思い出です。 

 ゼミは憲法のゼミだったのですが、夏は「ゼミ合宿」、秋は他大学との「合同討論会」、冬には「卒業生追いだしゼミ合宿」とイベントに事欠きませんでした。また、3年生のときにはうちのゼミの活動が大学コンソーシアム富山に認められ、助成をうけて国内の調査をおこなったり…、本当に盛りだくさん過ぎて、コメントが長くなっちゃいます(笑) 

 就職活動を行うにあたっても、この2つの活動の影響が大きかったですね。大半の学生は興味のある職種・業種から就職先を考える方が多いと思うんですけど、私の場合、部活・ゼミで感じることのできた「チームで信頼関係を持って課題に取り組むことのできる環境」を重視したんですよ。もともと、家の間取りとかを見たり、考えたりするのは好きだったんですけど、4月から就職する企業(ハウスメーカー)はその環境を強く感じることができました。今から社会人生活がものすごく楽しみです。

 最後に…、法科大に進学を考えているみなさん!

 法科大は自分を活かすことのできる環境が整っている大学です。この大学なら、自分を成長させるよいきっかけを見つけることができます! 大学での4年間、法科大で好きなことに一生懸命取り組みましょう!!

 

 ≪上記の記事は、2018年3月の学位記授与式後に取材を行いました。≫