ニュース&イベント
カテゴリー:

大学生活での思い出 ~向田 拓海さんの場合~(2019年3月卒業生からのメッセージ)

 

 2019年3月卒業生も就職率100%を達成し、2015年3月卒業生から5年連続で就職率100%を達成している高岡法科大学。 そんな本学で学び、今年3月に巣立っていった卒業生に、大学生活での思い出などを語っていただきました。

 taku-kouda

向田 拓海さん(2019年4月から石川県の七尾市役所に入職。)

  

 地元から近く公務員を目指すことのできる大学、そして昔から興味のあった法律を学べる大学、その2つの条件を満たすのが法科大でした。

 

 ただ、漠然とした公務員への志望が明確なものに変わったのは法科大の2年次。「大学生にはなれたけど、社会に出るまで、そんなに時間はない!」と考え、著名な方の本や公務員志望者用の書籍を読んでモチベーションを高め、具体的に「地元である七尾市に貢献したい!愛着ある地元の観光資源を活かす仕事がしたい!」との思いを強く持つようになりました。

 

 それ以降は法科大の公務員養成制度をフル活用しました。図書館や就職支援センターで貸し出している公務員採用試験対策用の書籍を利用、そして教養ゼミ・専門ゼミご担当の先生方、TEC科目ご担当の先生方、本当にたくさんの先生方にご指導をいただきました。また、自分自身で貴重な体験をさせていただいたと感じたのが3年次夏のインターンシップでした。私は厚生労働省の地方支分局である富山労働局にお世話になったのですが、そこで公務員としての仕事の取り組み方や生半可な思いでは公務員の重責は担えないこと、入職してからも学び続けている職員の方の姿を目の当たりにし、採用試験合格に向けて自身の思いをより一層強く持つよいきっかけとなりました。

 

 最後に…、法科大へ進学を考えているみなさん! 公務員を目指す在学生のみなさん!

 公務員採用試験の準備はできるだけ早く始めるべきです。そして法科大には目標達成を手助けしてくれる制度がそろっています。自分自身、私だけで準備をして採用試験を受けていたら、良い結果には結びついていなかったのではないかと感じています。みなさんには、法科大が提供するカリキュラム等を最大限に活用して、よい結果をつかみ取っていただけたらと思います。

 

≪上記の記事は、2019年3月の学位記授与式後に取材を行いました。≫