ニュース&イベント

軽音楽部 「といで菜の花フェスティバル」に出演

 私が部長を務める高岡法科大の軽音楽部は、五つのバンドが所属し、大学祭等の学内行事や学外のイベントに積極的に参加しているサークルです。今回は、四月二十九日に高岡オフィスパークを会場に行われた『高岡といで菜の花フェスティバル』に“音楽による地域との交流”と“軽音楽部のPR”を目的として、バンド演奏で参加しました。
 『高岡といで菜の花フェスティバル』は、今年で十四回目を迎えたゴールデンウィーク中の恒例行事で、咲き盛る菜の花をバックにマラソン大会やフォトコンテストなどが行われ、周辺住民や高岡市の方だけでなく他の市町村からも人が集まる、規模の大きなお祭りです。そのお祭りのオープニングを飾る演奏、かつ初めての屋外ステージということもあって、私はこれまでにない緊張と心地よい高揚感を覚えつつ、当日を迎えました。
photo009
 雲行きが怪しく、今にも雨が降り出しそうな空、「ライブが終わるまでは降らないでくれ。」と願う私の思いもむなしく、本番中は生憎の雨。どうにか最後まで演奏をやり遂げましたが、大事な楽器や器材を長時間濡らさないことに気を使いすぎて、単純な演奏ミスなど、ライブ自体は散々な内容に…。前日まで演奏のことばかりを考えており、天候のことまで気が回りませんでした。とても大きな反省点です。
 ただ、そんな演奏でもオーディエンスの方々に、熱心に聴いていただくことができ温かい言葉もかけていただきました。「地域のイベントに積極的に参加し、盛り上げ、高岡法科大が元気であることを大学の外へも発信したい」との思いがさらに強くなった一日でした。

◎キャンパスから/高岡法科大学2年 夏住 翼
【この記事は北陸中日新聞5月24日朝刊に掲載されました。】