大学概要

学長あいさつ

konda

 冒頭に本大学ホームページをお訪ねいただきましたことにお礼を申し上げます。

 高岡法科大学は平成元年(1989年)に、建学の精神に基づく人間基礎力(思いやりのある人格と正義感・倫理観に基づいた判断力)を愛情教育によって導くという「全人教育」を教育理念とし、社会の変化に対応できる創造性と実践力を修得するとともに、地域社会に貢献する人材の養成を教育目的として設立されました。

 この目的を達成するために、本学では平成28年度より1学部3コース制と学部の改組を実施しました。まず、主として公務員や警察官など地域行政サービスの担い手や地域の公益を担う各種法人団体のリーダーとして活躍する人材養成を中心とする公共政策コース、あるいは、弁護士など各種士業や、法的素養をもって企業や社会に貢献する人材の専門職養成を中心とする法務・資格コース、また、ビジネスに関する法分野の基礎知識に加え、企業実務に必要な経済・金融・経営系分野および語学・教養系を含めた広範囲な知識を身につけ、ビジネスパーソンとして地域経済・社会や国際社会で活躍する人材養成を中心とする企業人コースです。

 いずれのコースにおいても、学生は高い法的素養を身に付けることになりますが、法はあくまでも社会制御のツールです。法を制定し運用するのは人でありますが、何よりもその法的素養の前提には、思いやりのある人格と正義感・倫理観に基づいた判断力の裏付けが求められます。学生は3年間の段階的な社会人基礎力の修得、さらに専門教育の学修に繋げるための充実した初年次教育プログラムを通し、ゆっくりとではありますが、しかし着実に将来を見据えた時間を過ごすことになります。

 創立から30年目を迎える高岡法科大学は、これまでも地域社会の期待に応え得る数多くの有為の人材を輩出してまいりました。今後も21世紀型市民に相応しい正義感・倫理感・判断能力・行動力を身につけるとともに、法学的な客観的視点から、問題発見能力、論理的思考力、コミュニケーション能力、創造的表現力を身につけた人材の育成を目指します。

 高岡法科大学は、夢や目標に向かって真摯な勉学意欲を持つとともに、地域社会に関心があり、地域・郷土に貢献したいと考える学生を求めています。あなたの夢や目標の実現・達成のため、大学は最大限の助力を惜しみません。

学長  根田 正樹