在学生が「平成30年度行政書士試験」に合格しました!

 本学の在学生(2年)が平成30年度行政書士試験(平成31年1月30日合格発表)に合格しました。今年度は受験者数39,105名、合格者数4,968名、合格率12.7%でした。

 そこで見事に行政書士試験合格を果たしたご本人に色々と伺ってみました。

受験のきっかけはなんですか?
当初、2年生で宅地建物取引士を受験予定だったのですが、1年生の時に受験した法学検定試験(ベーシック、スタンダート)で、Excellent合格(優秀な成績を収めた合格者に認められるもの)することができました。
その時に隅田専任講師から行政書士試験へのチャレンジを勧められたことがきっかけで行政書士試験の受験を考えました。
どのような方法で勉強しましたか?
過去問、予想問題集を何度も徹底して解きましたが、数をこなすだけでなく、理解して覚えるように勉強しました。特に過去問を解く時は、毎回正答率を出して自己分析を行っていました。
あとは科目ごとの点数配分が違うため、時間配分にも配慮して、勉強していました。
目標はありますか?
今後の目標は、司法書士試験合格で、最終的な目標は司法試験合格です。高岡法科大学卒業後、ロースクールに進学し、資格取得に向けて勉強していくつもりです。