セミナー「大規模災害と被害者救済の法的諸問題」を開催しました。

2019727日(土曜日)午後1時より、本学地域交流センター主催によるセミナー「大規模災害と被害者救済の法的諸問題」が二部構成で開催されました。第一部は平成29年度科学研究費基盤研究(c)「大規模災害と被害者救済システムに関する法的諸問題」の報告で、本学の野口教子教授、日本大学金澤講師などが報告しました。第二部はワークショップ「ハザードマップを巡る法的諸問題」で呉西地区各自治体の防災担当者を交え、本学の渡部朗子講師、名城大学松田准教授によって提起された問題などを中心に熱心な討論が行われました。

各自治体防災担当者をはじめご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

なお、このセミナーの様子は北日本新聞、富山新聞各紙においても、取り上げられました。

 

【以下の画像は、セミナー当日の様子】