本学の八坂 徳明 教授の研究課題が「とやま呉西圏域の地域課題解決に資する調査研究事業」に採択されました。

八坂徳明教授を代表研究者とする本学の「呉⻄地区における『外国⼈材受⼊れ・多文化共生』推進への取り組みの検証」が令和元年度とやま呉西圏域の地域課題解決に資する調査研究事業に採択されました。

この制度は、富山県西部6市(高岡市、射水市、氷見市、砺波市、小矢部市、南砺市)で構成する「とやま呉西圏域」が、人口減少・少子高齢社会においても、活力ある社会経済を維持するため、大学等が本圏域をフィールドとして実施する地域課題解決に資する調査研究に対し、補助金交付により支援を行うとするものです。