高岡市立戸出中学校での「法教育」に関する出張授業が県内各紙朝刊で紹介されました。

創立30周年記念事業の一環として、本学と高岡市教育委員会が連携し、高岡市立戸出中学校において、「法教育」に関する出張授業を実施しました。担当は、本学 石田 瞳 専任講師で、NHK昔話法廷「3匹のこぶた事件」を題材に、『裁判』を学ぶというものです。この授業は10月7日から30日までの間、4回にわたって行われ、そのうち16日は高岡市、射水市、氷見市の中学校社会科教育研究授業を兼ね、多くの先生方が参観されました。この様子は10月17日の富山新聞 朝刊や、10月18日の北日本新聞 朝刊でも紹介されました。