新型コロナウイルスに関する注意喚起について(第4報)

学生・教職員の中国への渡航について

新型コロナウイルス感染症について、現在、外務省は中国湖北省全域に加え、浙江省温州市も感染症危険レベルを「レベル3:渡航を止めてください」に引き上げました(中国のレベル3以外の地域は「レベル2:不要不急の渡航は止めてください」(継続))。

つきましては、今後、感染がさらに拡大する恐れがありますので、学生・教職員の中国(本土、香港、マカオ)への渡航を原則禁止します。また、その他の地域へ渡航する必要がある場合も、必ず、学生は学生課に、教職員は管理課に渡航届けを提出するとともに、緊急時に備えて必ず外務省が実施している「たびレジ」に登録を行ってください。

 

中国(本土、香港、マカオ)から帰国する学生・教職員については、以下の対応をすること

① 帰国の際に学生は学生課に、教職員は管理課へ連絡

② 帰国後2週間は健康状態に注意し、異変がある場合は速やかに大学に連絡するとともに、以下に記載の帰国者・接触者相談センターに電話連絡の上、医療機関を受診

③ 帰国後2週間は不要な外出を避け自宅待機とし、大学への登校の自粛

なお、情報は随時更新されますので、最新情報に注意してください。

  

感染症対策について

国内において新型コロナウイルスに感染した事例が相次いで報告されている中、今後は感染症対策がより一層重要となってきます。インフルエンザ等の感染症予防策と同様に、人混みを避け、正しい手洗いやマスクの着用(咳エチケット)などを心掛けてください。また、学内各所にアルコール消毒液を設置していますので、手指消毒を行ってください。

なお、次のような症状がある場合は、速やかに大学に連絡するとともに、以下に記載の帰国者・接触者相談センターに電話連絡の上、医療機関を受診してください。

・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く場合

(解熱剤を飲み続けなければならない場合も同様)

・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合

 

令和2220

危機管理委員会

  <新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口>

県内の帰国者・接触者相談センター 電話相談窓口

おすまいの地域の厚生センター等に連絡してください。

※夜間・休日はメッセージにより緊急電話番号が案内されます。

 

相談先(感染症担当) 電話番号 所管市町村
新川厚生センター 0765-52-2647 黒部市、入善町
新川厚生センター魚津支所 0765-24-0359 魚津市
中部厚生センター 076-472-0637 滑川市、舟橋村、上市町、立山町
高岡厚生センター 0766-26-8414 高岡市
高岡厚生センター射水支所 0766-56-2666 射水市
高岡厚生センター氷見支所 0766-74-1780 氷見市
砺波厚生センター 0763-22-3512 砺波市、南砺市
砺波厚生センター小矢部支所 0766-67-1070 小矢部市
富山市保健所 076-428-1152 富山市
富山県厚生部健康課 076-444-4513

 

厚生労働省

【受付時間900分~2100分(土日・祝日も実施)】

電話:03-3595-2285

 

<関連情報ホームページ>

○文部科学省ホームページ

https://www.mext.go.jp/a_menu/coronavirus/index.html

○外務省海外安全ホームページ

https://www.anzen.mofa.go.jp/

○厚生労働省ホームページ ※中国語を選択できます。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

○在中国日本国大使館ホームページ

https://www.cn.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○外務省渡航登録サービス(滞在期間3カ月未満:「たびレジ」、3か月以上:在留届)

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html

○外務省「たびレジ」登録サイト(「簡易登録」サイト)

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html

○富山県ホームページ

http://www.pref.toyama.jp/sections/1118/virus/index.html