建学の精神

  • 祖国の道義を興し、親の幸福を祈る人格
  • 礼儀を尊重し、正しい判断力に基づく行動
  • 潜在力を抽出しつつ、愛情に導かれる教育

教育理念

人間基礎力(「思いやりのある人間」と「正義感・倫理観に基づいた判断力」)を愛情教育によって導く「全人教育」を基本とする

高岡法科大学の目的

教育基本法及び学校教育法に基づき、学術の中心として、広く知識を授けるとともに、深く専門の学芸を教授研究しその成果を広く社会に提供することにより社会の発展に寄与できる創造性と実践力に富む豊かな人間性を兼ね備えた人材を育成する。

法学部法学科の目的

法学部法学科は、政治・経済社会の変化に対応できる創造性と実践力を身につけるとともに、地域社会に貢献する人材の養成を目的とし、豊かな人間性に裏打ちされた法学思考を養成する。

基本方針

  1. 日本の将来を担う人材を発見し育成
  2. 郷土を愛し、その創生を願う人材を育成
  3. 地域と連携し地域文化の発展に寄与する人材を育成
  4. 愛情をもって豊かな学生生活を支援
  5. 法律教育を中心に、法的思考能力(リーガルマインド)を育成