大学生活の思い出  ~佐藤 涼太さん~

 

20223月卒業生も就職率100%を達成し、20153月卒業生から8年連続で就職率100%を達成している高岡法科大学。

そんな本学で学び、今年3月に巣立っていった卒業生に、大学生活での思い出などを語っていただきました。

 

佐藤 涼太 さん(2022年4月から民間企業[製造業 食品]に入職。)

 

 

大学生活を振り返って、自信を持って頑張ったと言えることは、TOEIC の勉強です。

きっかけは、新型コロナウイルスの感染が拡大する中での就職活動で、私自身に明確な武器が無かったため猛烈に不安を抱いたからです。

勉強をしていく中で、英語が得意ではなかったので、何度も壁にぶつかり簡単には成果を出すことができませんでした。それでも毎日コツコツと授業とアルバイト、就職活動などの合間を縫って諦めずに勉強を続けました。

結果的に、目標以上の点数を取り、勉強した英語を活かせる道に進むことができました。

「塵も積もれば山となる」という言葉があるように、毎日の努力が微力だとしても、毎日継続することで大きな力になることを実感しました。この経験を糧にこれからも頑張っていきます。

 

≪上記の記事は、2022年3月の学位記授与式後に取材を行いました。≫