大学生活の思い出  ~内藤 志織さん~

 

20223月卒業生も就職率100%を達成し、20153月卒業生から8年連続で就職率100%を達成している高岡法科大学。

そんな本学で学び、今年3月に巣立っていった卒業生に、大学生活での思い出などを語っていただきました。

 

内藤 志織 さん(2022年4月から法人職員として入職。)

 

 

私は大学生活において、履修した科目の勉強を真剣に取り組んできました。結果、真面目に取り組んでよかったと思えることが2点あります。

1つ目は、公務員等の採用試験対策になることです。公務員もしくはそれに準ずる機関の就職を目指す人は、自分で参考書を買い、自習することも大切だと思いますが、公務員採用試験に関連する科目が通常授業として時間割に組み込まれている法科大では、履修した講義に対して全力で取り組むことが公務員採用試験の対策につながります。

2つ目は、先生との縁・つながりが増えることです。講義に真剣に取り組んでいる生徒は先生の目から見てもプラスな印象となるため、存在を認識してもらいやすく、そんな先生方が学生の困った時や行き詰った時に支援してくださいます。

就職活動においては、活動をはじめる前に培ったもの、そして人との縁が大切だと思います。在学生の皆さんは、ぜひ普段の講義を真剣に取り組んでください。

 

≪上記の記事は、2022年3月の学位記授与式後に取材を行いました。≫