大学生活の思い出  ~前田 未優さん~

 

20223月卒業生も就職率100%を達成し、20153月卒業生から8年連続で就職率100%を達成している高岡法科大学。

そんな本学で学び、今年3月に巣立っていった卒業生に、大学生活での思い出などを語っていただきました。

 

前田 未優 さん(2022年4月から民間企業[情報通信業]に入職。)

 

 

私は、大学生活で「努力することの大切さ」を学びました。勉強では、成績で上位に入ることを目標に、自分専用のノートを作るなど工夫をしながら勉強に励んでいました。その努力の結果、成績上位に入り、特待生にも選ばれました。この勉強面で努力した事は就職活動にも活かすことができました。

様々な企業のインターンシップに積極的に参加したり、自己分析を行いながら、ゼミの先生と何度も面接練習を行ったりしました。時には辛いと思うこともありましたが、第一志望の企業に内定をもらうことができ、地道な努力がしっかり結果として表れたことに達成感を感じました。

改めてこの4年間を振り返ると、とても充実した学生生活を送ることができたと思います。すぐに結果が出なくても、努力する過程が大事です。誰かが必ず見てくれています。誰かが必ずその努力を評価してくれます。在学生の皆さん、目標に向かって頑張ってください。

 

≪上記の記事は、2022年3月の学位記授与式後に取材を行いました。≫