大学生活の思い出  ~水上 和希さん~

 

20213月卒業生も就職率100%を達成し、20153月卒業生から7年連続で就職率100%を達成している高岡法科大学。

そんな本学で学び、今年3月に巣立っていった卒業生に、大学生活での思い出などを語っていただきました。

 

水上 和希さん(2021年4月から金融機関【信用金庫】に入職。)

 

私は、何事も一生懸命取り組めば、身になるということを大学生活で実感しました。

私は、就職活動を始めるまで、結果がすべてだと思い込み、結果が出なければ価値がないものだと思っていました。しかし、就職活動を始めてエントリシートを書くときや、面接練習をしていると、重視されるのは結果よりもどう取り組んだかだということを感じました。

そう思って振り返ると、この4年間で、いろんな機会に恵まれ、貴重な体験ができたと思いますが、その一方で、もっといろんなことに挑戦できたのではないかとも思います。一見時間の無駄に思うようなことでも、一生懸命取り組めば、その体験や経験がいろんな場面で生きてくるのではないかと思います。

在学生の皆さんには、どんなことでも積極的に取り組み、いろんな学びを得て行ってほしいと思います。

 

≪上記の記事は、2021年3月の学位記授与式後に取材を行いました。≫