大学生活の思い出  ~片桐 勇樹さん~

 

20223月卒業生も就職率100%を達成し、20153月卒業生から8年連続で就職率100%を達成している高岡法科大学。

そんな本学で学び、今年3月に巣立っていった卒業生に、大学生活での思い出などを語っていただきました。

 

片桐 勇樹 さん(2022年4月から都道府県警察に入職。)

 

 

この4年間で私が学んだことのひとつに、「人との繋がり」があります。野球部に所属していましたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、キャンプや試合がことごとく延期や中止となりモチベーションの維持に苦労しました。

モチベーションを自分ひとりでは維持することは難しく、同期の仲間はもちろん、監督や部長、後輩の支えのおかげで何とか最後まで維持することができました。

また、学業でも先生や仲間たちに支えられて今の自分があると思っています。

私はこれから警察官として働きますが、「人との繋がり」を大切にし、信頼される警察官になりたいと思います。

在学生・入学生の皆さんもこの大学で学んだ多くのことをいかして、将来の夢をつかんでください。

 

≪上記の記事は、2022年3月の学位記授与式後に取材を行いました。≫