大学生活の思い出  ~道山 鈴夏さん~

 

20223月卒業生も就職率100%を達成し、20153月卒業生から8年連続で就職率100%を達成している高岡法科大学。

そんな本学で学び、今年3月に巣立っていった卒業生に、大学生活での思い出などを語っていただきました。

 

道山 鈴夏 さん(2022年4月から民間企業[製造業 化学工業]に入職。)

 

私は大学生活で多くのことに挑戦し、何事も経験する大切さを学びました。きっかけは、先輩から誘われた学生会の活動でした。

今まで、人の前に立つことは自分には向いていないと思っていて、高校までは経験してきませんでしたが、ことのほか学生会の活動は楽しく、新たな自分を発見することができました。

その後、色々な部活動に入部し、最終的に2つの部活動を掛け持ちしながら活動に取り組みました。特に社会安全ボランティア部では、4年次に部長を務め、改めて人前に立つ大変さを実感しましたが、その分、部長としてのやりがいや私を支えてくださった顧問の先生をはじめ、部員のみんなへの感謝も実感することができました。

私は、この4年間色んなことに挑戦することによって私の好きなこと・向いていることが分かり、楽しく、充実した大学生活を過ごすことができました。

在学生の皆さんも多くのことに挑戦し、突き進んでほしいと思います。

 

≪上記の記事は、2022年3月の学位記授与式後に取材を行いました。≫