大学生活の思い出  ~大西 海斗さん~

 

2020年3月卒業生も就職率100%を達成。就職率100%は2015年3月卒業生から6年連続となりました。

そんな本学で学び、今年3月に巣立っていった卒業生に、大学生活での思い出などを語っていただきました。

 

大西 海斗さん(2020年4月から富山県警察に入職。)

父が警察事務官で、幼いころから警察官が身近にいたということもあり、警察官に憧れてました。

警察官になるには公務員試験を突破しなければならないので、野球部の練習後、19時から2時間ほど、ゼミの先生と研究室で公務員試験対策の勉強をしていました。マンツーマンで筆記試験対策から面接指導まで熱心に対応してくださり、自分も覚悟を持って取り組みました。

大学入学後、自分が大きく変わったことといえば、「物事を主体的に考えるようになったということ。人の指示に従うのみだった自分が、ゼミ活動などを通して自分で理解して行動するようになれたと思います。部活に勉強にと充実した4年間でした。

今後は、地域の方から信頼され、求められる警察官を目指します。

 

≪上記の記事は、2020年3月の学位記授与式後に取材を行いました。≫