福村 哲平さんからのメッセージ

 

 2019年3月卒業生も就職率100%を達成し、2015年3月卒業生から5年連続で就職率100%を達成している高岡法科大学。 そんな本学で学び、今年3月に巣立っていった卒業生に、大学生活での思い出などを語っていただきました。

tetsu-fukumura

福村 哲平さん(2019年4月から京都府の京都市役所に入職。)

 

 高校2年の夏、法科大のオープンキャンパスに参加して、「法律って将来に役立つ学問だな」と感じ、進学を決めました。

 元々、公務員志望で入学前は検察事務官に憧れていたのですが、入学後に法科大で自身の志望を探る中で、幼いころからずっと野球に携わってきた経験を活かしたいとの思いが強くなり、スポーツ振興等に携わることのできる地元の市役所の採用試験を受けることにしました。

 

 私が本格的に採用試験の準備を始めたのは3年次になってから。同時期に所属していた硬式野球部のキャプテンにも就任したので、時間の使い方には気を使いました。

 そんな中でサポートいただいたのはゼミの先生でした。大学の授業や部活動の合間を見つけて勉強していたのですが、そんな中でも先生には熱い指導をいただきました。特に先生には、教養分野の数的処理や面接指導を重点的にご指導いただき、それが採用試験の合格につながったのではないかと感じています。

 

 私は今年の4月から、京都市役所の一員としての生活がスタートしますが、目標の地域のスポーツ振興にかかわる仕事に携われるよう、大学生活で培った経験を基に、頑張っていきたいと考えています。

 

 最後に…、法科大へ進学を考えているみなさん! 公務員を目指す在学生のみなさん!

 学生生活は自身の積極性がとても大事です。公務員志望者の方もそれだけに縛られず、いろいろな活動に積極的に参加してください。そして法科大の育成体制を最大限に活用して、自身の目標を達成いただけたらと思います。

 

≪上記の記事は、2019年3月の学位記授与式後に取材を行いました。≫