大学生活の思い出  ~笹島 永莉佳さん~

 

2020年3月卒業生も就職率100%を達成。就職率100%は2015年3月卒業生から6年連続となりました。

そんな本学で学び、今年3月に巣立っていった卒業生に、大学生活での思い出などを語っていただきました。

 

笹島 永莉佳さん(2020年4月から高岡ガス株式会社に入職。)

 

就職活動を始めたときは、したいことが明確には決まっていなかったので、合同企業説明会に参加しながら、自分にとってなにが重要かを絞っていきました。その中でわかってきたのが「地元が好き。だから地元に大きく貢献している地元企業に就職したい」という思いでした。

この思いに至った背景には、ゼミでの活動が大きく影響していると思います。2年次にはゼミ生みんなで地元の特産品を生かした新商品の開発をしました。34年次では、刑法の先生のもとで法律判例について議論を重ね、レポートを書いたり、学内発表を行った経験から「考える力」が身に付いたように感じています。

社会人になったら、仕事に一生懸命取り組むとともに、プライベートでも新しいことにチャレンジし、充実した毎日を送りたいと思います。

 

≪上記の記事は、2020年3月の学位記授与式後に取材を行いました。≫