学生による授業評価アンケート(2022年度 前期から)

(1) 実施概要

  1. 実施方法
    • Googleフォームの選択式アンケートに回答する。
    • 各科目担当教員よりGoogleクラスルーム(ストリーム)またはメールにて周知配付される。その際、学生が率直な意見を回答する保証ができるように、学籍番号・氏名欄は設けず、回答結果は大学事務局教務課員のみが確認する。
    • 回答した学生が特定されることを防ぐため、実施時の回答数が4名以下の場合は公表しない。
  2. 実施対象
    • 演習科目を除く学部で開講しているすべての科目
  3. 実施期間
    • 授業終了の2週間前から実施
    • 原則として【前期】7月中旬から7月下旬
      【後期】1月上旬から1月中旬までの間の授業時間
  4. アンケート実施後の対応
    • アンケート実施からフィードバックまでに要する期間は約2ヵ月とする。
    • 集計結果は科目担当教員へフィードバックし、授業評価改善書を作成してもらう。
    • 全体の集計結果は、本学ホームページ上に掲載する。また、紙媒体をファイリングして、いつでも学生が自由に閲覧できるようなスペースを設ける。
    • 項目毎に全体の回答分布、平均値をまとめ授業評価報告書を作成する。
    • 評価結果は、教員自身の自己採点やカリキュラムの見直し、施設・設備などの改善に役立てる。

(2) 集計結果

このアンケート用紙には、自由記述欄を設けており、記述内容をテキスト化し、管理・フィードバックしている。資料は下段のデータファイルを参照。

【学生による授業評価アンケート】
セクション 内容
1.

授業形態・形式についてお聞きします。

①この授業は主にどのような講義形態で実施されましたか。【1つだけ選択してください】

②この授業はどのような講義形式でしたか。【複数回答可】

2.

あなた自身についてお聞きします。

①何年生ですか。【1つだけ選択してください】

②この授業を受講する前に、講義要綱(シラバス)に記載されている授業概要・到達目標・授業計画・受講上の注意等を読みましたか。【1つだけ選択してください】

③この授業にどのくらい出席(参加)しましたか。教室での対面授業とリアルタイム型の遠隔授業は、その出席(参加)の程度を指します。オンデマンド型の遠隔授業は、レジュメ・資料・音声ファイルなどによる学習と課題提出を合わせて「出席(参加)」とします。【1つだけ選択してください】

④授業時間以外にどのような内容の学びを行いましたか。【複数回答可】

⑤1回の授業あたり、授業時間以外の事前・事後学習のために費やした平均の時間はおおよそどの程度でしたか。【1つだけ選択してください】

⑥授業に意欲的に取り組むことができましたか。【1つだけ選択してください】

3.

この授業(教員に関する内容も含める)についてお聞きします。

①講義要綱(シラバス)に記載してある授業概要・到達目標・授業計画に沿って授業が行われていますか。【1つだけ選択してください】

②成績評価の方法や基準について、口頭やレジュメなどにより、適切な説明がありましたか。【1つだけ選択してください】

③授業のレベルはどのように感じましたか【1つだけ選択してください】

④授業に対する教員の熱意は感じられましたか。【1つだけ選択してください】

⑤授業の内容に興味や関心が持てましたか。【1つだけ選択してください】

⑥この授業の進め方や授業方法で不満を感じたことはありますか。(選択の中に該当するものがなく、不適切だと感じたものがあれば「その他」の欄に具体的に記述してください。)【複数回答可】

⑦この授業で特に工夫してほしいと思うものを選んでください。(選択の中に該当するものがなく、工夫してほしいものがあれば「その他」の欄に具体的に記述してください。)【複数回答可】

4.

あなたが、この授業を通じて得られたことについてお聞きします。

①この授業を受けて、何を得られたと思いますか。【複数回答可】

②この授業における取り組みを自分自身で評価すると、最終成績はどれだと思いますか。【1つだけ選択してください】

③総合的にみて、この授業の自分自身の満足度はどれだと思いますか。【1つだけ選択してください】

5.

自由記述

①この授業について、意見・要望・感想がありましたら、自由に記述してください。例えば、今後の授業への取組の仕方やこの授業に対して言いたいこと等です。大学への要望でも構いません。ただし、いずれも誹謗中傷ではなく、改善に資するような書き方にしてください。